サティヤ サイババ

bolojaisai2011-04-24

2011年4月24日 日曜日
インターネットでサイババと検索するとたくさんのニュースが表示されるようになった。


仕事中にメールが入り、私もその知らせを聞くことになる。
仕事を切り上げ、サイセンターに向かった。


追悼バジャンが20時まで開催されていた。
最後の10分で到着し、アーラティ(火をささげる儀式)を受ける


ただただ心の中でサイババの名を呼ぶ。
私が今このように生きているのは、すべてサイババに出会い、守られ、導かれていたからであると知っている。


私が何をするべきか、どうすればよいのか、問いかけ続ける。
答えが伝わってきたように思う。


上を向いて空を見上げ、家へ帰る道を歩いた。


私がもっているものは、神さまにもらった愛だけ
私が捧げることができるのは、この愛だけ


みんなしあわせになりますように

サイババとは? 日本人がサイババの前で捧げものをすること

bolojaisai2009-10-09

サイババに出会い、その教えに感動し、神さまはやっぱりいたんだと思えてから・・・
自分の人生が実際に変化するまで、いくらかの時間がかかったように思います。
変わったのはどんなタイミングだったのだろう・・・
ひとつ思い出すのは、1999年5月に日本グループが数百人インドのホワイトフィールド アシュラムというところへ一緒に行って開催したインド花祭りのビデオを見た時です。
そのビデオには、たくさんの日本人と、サイババが一緒に映っていました。
いろいろな文化祭を、サイババの前で行っていました。


日本の神様や悪魔たちが出演する踊り付きの劇、
きれいな光でいろいろな映像を描く現代アート
素朴な日本人の家族と子どもの演劇、
ダイナミックや和太鼓演奏、
世界の多くの神さまが出演する宗教の唯一性を感じさせる大規模な演劇、
日本語の詩の朗読、


最後には、出演した日本人たちに祝福を与えるためにステージに上がるサイババの姿でした。
出演したメンバーの表情は、限りない喜びにあふれていました。
サイババをこの上なく近くに感じだ体験であり、
私はこのときに何をしていたのだろう・・・とさみしくなる瞬間でもありました。


日本からインドに行ってサイババを見ることができるだけではなく、
直接こんなふうに近づけるのか・・・と思ったとき、
サイババの教えが私の人生を変えるようになったように思います。


その後も、このような機会が数年に1回あったようです。
そして最近では、参加できた機会もありました。
サイババは、本当に近くにいらっしゃいました。


「あなたが私に一歩近づけば、私はあなたに百歩近づこう」


そのようにサイババは言っていました。
神さまは、遠くに遠くに見るものではなく、
毎日毎日、一歩一歩近づくことができる存在なのだと感じました。


2009年10月に、再びそのような機会があったようです。

サイババとは? 神さまからの詩 〜サイババの手紙〜

bolojaisai2009-07-19

神さまは、なぜ人間を創られたのだろうか?
こんなに未完全で、過ちをたくさんおかしてしまう存在を、全知全能の神さまは創られたのだろう。
争いや間違いなど絶対にしない、完全な存在をなぜ創られなかったのだろう。
神さまは、どんな気持ちで私たちを見ているのだろう・・・


そんな問いかけに、答えてくださった詩です。
サイババが直接書かれた手紙集の中の詩です。

本当に神さまが人間に向けて書いた手紙だと思って読んだら、
本当にうれしくなりました。

さあ 皆さん
私の内に あなた自身を見なさい
なぜなら 私は あなたがたすべての内に
私自身を見ているのだから・・・

あなたは 私の生命であり 私の息吹 私の魂・・・
あなたがたは皆 私の化身なのです
私があなたを愛すとき 私は 私自身を愛しています
あなたが自分自身を愛すとき あなたは私を愛しているのです



私は 私自身でいられるように
私自身から 私自身を分離させました
私は 私自身でいられるように
私自身から 私自身を分離し
この すべてのものとなったのです



私は 私自身になりたかった
私自身 それは至福の化身 愛の化身・・・
それが 本当の私であり
私は それになりたかったのです

どうすれば 私は 至福の化身 愛の化身になれるのでしょう
どうすれば 至福を得 至福を与えることが
愛を得 愛を与えることが できるのでしょう
私は 誰に 至福を与え
誰に 愛を与えることが できるのでしょう・・・



それゆえに 私は このようなことをなしたのです
私は 私自身から 私自身を分離させて
この すべてのものと なったのです

                  
                      ババ


プレマダ−ラ P34の27より

プレーマ ダーラ - 愛の流れ ~ サイババから学生への書簡集

プレーマ ダーラ - 愛の流れ ~ サイババから学生への書簡集

サイババとは? サティヤ サイババから学生への手紙

bolojaisai2009-06-24

これは、サイババからサイババの学校の学生たちに送られた手紙を集めた本「プレーマダーラ 愛の流れ」に載っている手紙です。
私が勇気と自信を取り戻したい時にいつも読む手紙です。

不滅なる命の子どもたちよ!
あなたがたが 私の似姿として
創造されたのだということを
覚えておきなさい
完全なのです!


あらゆる意味で すべての水準において
その似姿にふさわしく
生きていきなさい!
大師たちのように生きなさい!


この地球上を 堂々と歩みなさい
魂を高く飛翔させながら・・・
愛に心を開いて・・・
自分自身と内在の神を信じなさい
そうすれば 
すべてがうまくいくでしょう


地球は 私の生命によって創造された
私の存在の顕れにほかなりません!


あなたがどこを見ようとも
私はそこにいます
あなたがどこを歩こうとも
私はそこにいます
あなたが誰と接しようとも
私はその人なのです
私は 全き栄光そのままに
一人ひとりの内にいるのです


あらゆるところに私を見なさい
一人ひとりの内にいる私に語りかけ
私を愛しなさい


そのとき私は 
一人ひとりの中から応え
あなたを栄光へと導くでしょう
あなたは ある場所に私を見て
別の場所には私を見ない
ということはできません
なぜなら 私はすべての空間を
満たしているからです


あなたは 私から逃れることも
私に隠れて何かをすることもできません
なぜなら 私にとって
秘密は存在しないからです


生きなさい・・・生きなさい・・・
私の掟に完全に従いつつ生きなさい
そうすれば
驚くべきことが起こります!


考えてもごらんなさい
あなたの過ちは あなたの中を
自由に流れる私の存在の本質を
妨げることができるでしょうか?


私があなたの過ちを明示するよう
今 この瞬間
あなたの冥想の静寂の中で
私に願いなさい


あなたに内在する 私の潜在意識から
古い記憶を湧き上がらせなさい
過去の傾向を・・・
忘れ去られた古い感情や思いを


さあ それらのものを光の海に投げ込み
意識から焼き払ってしまいなさい
あなたが 私の存在の
真の象徴となることが
できるように


今この瞬間に 思い描きなさい
あなたの中で燃えながら
より高く ますます高く立ち昇っていく
燃え盛る私の炎を


それは あなたを静め 清め
癒す炎です
あなたに潜む悲しみを和らげ
安らかな静けさで
あなたを満たす炎です


私の愛の中に憩いなさい
今日に至るまで幾多の人生の中で
あなたが体験してきたすべてのことを
私の救いの光の中で 
溶かしてしまいなさい


私という存在の子どもたちよ!
あなたがたの悲しみと恐れを
私の内に溶かしてしまいなさい
あなたのすべてのカルマを
私が拭い去ってあげましょう


あなた自身の真の意識そのものである
私の意識の中に帰ってきなさい
あなたの内なる真我である
私のもとに帰る以上
取るに足らない自我などは
今すぐ立ち去らせてしまいなさい


あなたは今 私の輝く栄光に満ちた
真我そのもの・・・
もはや
私から離れた存在ではありません
私に溶け込みなさい・・・
私に融合しなさい!・・・
私になりなさい!


「考えてもごらんなさい あなたの過ちは あなたの中を自由に流れる私の存在の本質を妨げることができるでしょうか?」


この言葉を読んで、
自分を信じることは、神さまを信じることだと思いました。
神さまを愛することは、自分を愛することだと思いました。

神さまはどんなふうに人間のことを見てくださっているのだろう?
その問いへの答えのように感じました。

プレーマ ダーラ - 愛の流れ ~ サイババから学生への書簡集

プレーマ ダーラ - 愛の流れ ~ サイババから学生への書簡集

イーシュワランマ デー <サイババの母:イーシュワランマ>

bolojaisai2009-05-19

日本では、5月の第二日曜は母の日ですね。カーネーションを贈るというのは、アメリカにその起源があるそうです。
さて、全世界のサイセンターには、イーシュワランマデーという日があります。

毎年5月6日はイーシュワランマの日として祝われています。この日はカリの時代にアヴァターの母となるという祝福を受けた聖女イーシュワランマの命日です。バガヴァンは帰依者たちに、特に子どもたちに、母を神として敬うことを強くお勧めになっています。それゆえ、この日は母性の聖なる理想を祝う日とされています。
SSOJホームページより


サイババに出会って、さまざまな霊性修行(サーダナ)に興味を持つようになりました。
聖者の伝記、聖典、宗教、マントラヴェーダ、バジャン
今までの人生で触れたことがない、さまざまな魅力的なことに出会います。
そんなとき、サイババのこの御講話を直接聞くことができました。

愛の化身である皆さん
あなたは誰にも従う必要はありません。あなたの母親を満足させる活動に従事するならば、それで十分です。あなたの母親が幸せであり満たされているのなら、それはあなたにすばらしい恩寵を授けてくれることでしょう。母親の言うことは何でも喜んで、心から彼女の指示に従いなさい。今日必要なのはそれなのです。あなたの母親に従い、彼女の愛の受取人となりなさい。そうすれば、世界全体が発展することでしょう。あなたは他の価値ある行為を行う必要はありません。母親を満足させるためにあなたの全人生を捧げなさい。
2004年5月6日・場所:バンガロール、ブリンダーヴァンのサイ ラメーシュホールにて「イーシュワランマの日」の御講話

5年前に聞いたこの言葉は、今もまったく色あせることがありません。
5年かけて、その意味について体験を伴って理解が深まった部分があります。
しかし、もっともっと実践したいと願っています。

サンスクリットヴェーダを唱え、夜通しのバジャンを捧げるような活動は、決してひとりではできることのなかった、すばらしい活動です。
しかし、ひとりから始められる、もっとも大切で、もっとも身近なことがあることを、心に強く刻みつけたいと思います。

サイババから直接いただくことができた御講話は、
その場にいたすべての人にとって、
間違いなく必要なメッセージだったと思うのです。

イーシュワランマ - 選ばれし母

イーシュワランマ - 選ばれし母

サイババとは? 神の化身と疑り深い人々

bolojaisai2009-04-14

こんな特集がありました。
とても長いですが、読み応えがありました。
著者のG・ヴェンカタラーマン教授という方は、サイババの最も近くで長年働いている方だそうです。

   神の化身と疑り深い人々
        ラジオ・サイ マンスリーEジャーナル Heart2Heart(ハートトゥーハート)(H2H)特集


とても客観的に、今までには聞いたことも、読んだこともない視点から、サイババのことを知ることができました。
また、世界中でサイババを非難する情報が流れていたことが分かりました。
日本でもそのようなものが多く見られた時期があったようです。


以下、目次です

ラジオ・サイ マンスリーEジャーナル
Heart2Heart(ハートトゥーハート)(H2H)特集
   
 
以下の論説文は(少し長いかもしれませんが)、スワミとその使命に対する、でたらめで、悪意に満ちた誹謗(ひぼう)中傷(ちゅうしょう)に対し、詳細かつ理路整然と、またきっぱりと異を唱えるために、特別 にしたためたものです。 この論説文は、私たちが受け取ったたくさんの手紙に基づいています。もしも帰依者が偽情報に出くわしたときは、この論説文で指摘された項目を、時間をかけて吟味するだけでなく、虚偽をはねつけるためにも活用してもらいたいと願っています。神の化身とはどういうものか、人類のために、スワミがこれまでやってこられたこと、そして現在も続けられていることをより良く知ってもらうために、帰依者たち、特に、より若い方たちを対象に、幅広い(H2HのEメール ジャーナルの)発行部数を通して、呼びかけがなされています。

残念ながら、スワミの使命、そしてその教えも十分には知られていません。 むろん、スワミはその愛をシャワーのように与えるためにやってこられました。しかし、私たちは、その愛を享受するだけでなく、それをスワミのプラサーダム(恵み)として受け止め、できるだけ多くの人々と分かち合うことを求められているのです。この論説文を注意深く読むことで、あなたがたに神の化身シュリ・サティヤ・サイ、その栄光そしてその使命がより良く理解されることを願っています。

   
1 はじめに
2 名誉毀損
3 スワミの社会事業 スーパー・ホスピタル
4 スワミの社会事業 恵みの水プロジェクト
5 宗教を超越するスワミ
6 神の化身に関する一側面
7 物質化に関して
8 神性という魅力
9 神の恩寵と中止されたカルマ
10 津波を食い止める
11 誤った情報への対処法
12 最後に